スポンサーリンク

スポーツじゃない?eスポーツの大会で稼げる賞金とその問題を解説!

e-sports アイテム




こんにちは!おしるこです!



今eスポーツは、男子中学生からなりたい職業ランキングyoutuberについでナンバー2となりました!そしてオリンピックの正式種目としても検討されています!



じゃすごい稼げるんですね!?いえ日本の大会では制約が厳しく、色々と問題があるんです。



そういった事もあり、海外に比べ、日本はeスポーツ後進国と言われております。その理由は何なのでしょうか?



今回は、eスポーツの魅力と実際にどれくらい稼いでいけるのかを紹介していきたいと思います!


スポンサーリンク

eスポーツはスポーツじゃない?




まずゲームを職業にして生きて行くなんて日本人の美学に反する。勤勉な日本人ですからね!そんな事より勉強しろ!という親が多いと思います。



確かに社会に出た時に何かのスキルになっているとは中々思えない所がありますよね!



そして、そもそもゲームしてるだけなのになんでスポーツと呼ぶんだという声も多くあります。確かに分かります(笑)



でも生き方は多様化してますし、ゲームが盛り上がればそれで食べて行く人が出てきてもいいと思うんですよね。


だってすでに、日本には梅原大吾というレジェンドがいます!

氏名:梅原大吾(うめはらだいご)
出身地:青森県
生年月日:1981年5月19日(38歳)
愛称:ウメハラ、ウメちゃん
大人気格闘ゲーム「ストリートファイターIIⅩ」にて才能が開花。1997年「ヴァンパイアセイヴァー」で全国大会で優勝し、一躍有名に。2010年世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマーとしてギネスワールド記録に認定。格闘ゲームでは世界屈指のゲーマーです。



彼のすごさが分かる伝説の動画です。2:37からが圧巻です。

STREETFIGHTERⅢ 3rd STRIKE Daigo Umehara 梅原大吾(ウメハラ) 背水の陣の大逆転

世界のeスポーツ大会の賞金




eスポーツ大会の賞金はだんだんと上がっています。



世界に目を向けると昨年、ニューヨークで人気オンライン対戦ゲーム「フォートナイト」の大会がで開かれ、ソロ部門で優勝した16歳の少年の賞金はなんと300万ドル(3億2,600万円)にものぼり話題となりました。



賞金総額は3,000万ドルというケタ違いの額でその人気の凄さがうかがえます。



最高総額は、「Dota2」の大会で2億ドル(約233億円)だったようです。世界トップクラスはすごいですね!


日本のeスポーツ大会の賞金




eスポーツ後進国の日本はどうでしょうか。



日本国内でも「シャドウバース」、「モンスターストライク」で総額1億円規模の大会は行われております。





結構賞金あるね!と思いますが、定期的に問題が起きているんです。


・昨年実施された『ストリートファイター5』カプコンプロツアー2019スーパープレミア日本大会で優勝賞金500万円が10万円になってしまった。

・パズドラチャンピオンズカップ TGS2019で優勝した中学生の賞金500万円が消滅した。




ひどい!なんでこんな事が!と思いますよね。理由は法律JeSU(日本eスポーツ連合)の規約にあります。


・景品表示法

商品におまけを付ける時はゲーム価格の20倍、もしくは10万円までというルールがあり、大会賞金はこれに抵触するのではないか。




ただ、この問題についてJeSUは賞金を「仕事の報酬」という見解でクリアする為、プロライセンスを発行しました。



賞金が10万円になった選手に関しては、そのプロライセンスを拒否して持っていなかった為、減額になったそうです。



パズドラの中学生は、Jr.ライセンスというものがあり、元々それを持っている選手は賞金を貰えないという規約の元優勝した為、もらえませんでした。



「親にあげろ」等の声も結構でていたようです。


神速の指技! 「パズドラチャンピオンズカップ TGS2019」でJrプロ・ゆわ選手が優勝!

https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1207458.html




でも有名になってCMやテレビにも出演してるようです!


高校生にeスポーツが普及




全国の高校では、eスポーツを部活やクラブに取り入れたり、専攻コースがある通信高校まで増えてきました。



全体的に見ても低年齢層が活躍している世界なんですよね。ゲームばかりやっていると怒られていた世代からするとびっくりするような時代です!




これからすごくカッコ良かったり可愛い選手が登場したりするともっと盛り上がってくるに違いありません。



若い時にゲームのプロで失敗してもやり直せますしね!法整備も進んで世界で活躍する選手が出てきてほしいなと思います!



今回もありがとうございました!