スポンサーリンク

【利益率を解説】派遣会社ってどれくらい儲けてるの?

派遣利益1 ビジネス




派遣会社で仕事をした事はありますか?




学生やフリーターの方は少なくとも一度くらいは登録した事があるのではないでしょうか。




単発のアルバイトから高時給の週5フルタイムの仕事まで色々な案件を持っているのが派遣会社です。




結構お給料がいいイメージがあると思うのですが、実際派遣会社はどれくらい儲けているのでしょうか。その気になる派遣会社の儲けに関して解説します。



これから派遣会社をやろうかなと考えている方も必見です。


スポンサーリンク

派遣会社の事業




派遣会社が行っている事業は3つほどあります。


一般労働者派遣⇒登録者を派遣し、派遣先管理で働いてもらう。

業務委託⇒業務を一括で受注し、登録者を自社管理で働いてもらう。

有料職業紹介⇒登録者を企業へ紹介し、紹介先で雇用してもらう。




業務委託以外は免許申請が必要なので申請してない所はやっていません。派遣会社なので派遣の免許は普通申請してますけどね!


派遣会社の売上と利益

派遣利益2




相場は土地や仕事の難しさによって単価は変わりますので東京の相場でお伝えします。


派遣の売上と利益




基本的にクライアントへ時給単価で請求する事が多いです。



派遣スタッフさんへの支払いは最低賃金を切らないように自由に決めます。


案件 クライアントへの請求 派遣スタッフへの支払 利益率
一般事務 時給 1,800円 時給 1,300円 10.8%
家電販売 時給 2,200円 時給 1,500円 21.5%
コールセンター 時給 2,000円 時給 1,400円 19.5%

※会社も登録者の社会保険料を負担します。現在は、登録者支払いの15%で程度で利益率は社会保険料も加味して計算しております。




コールセンターの案件で1人の人が1ヶ月働くと・・・



売上 1,800円×8時間×22日=316,800円
利益 316,800円×利益率19.5%=61,776円




基本的にちゃんと問題など起こさず働いてくれてれば会社は寝てても月6万利益が生まれます。



まあ出社してくれなかったり、トラブル起こしたりは日常茶飯事ですけどね(笑)



なので派遣会社は働いてくれる人をいっぱい増やして儲けて行くのです。ストックビジネスですね。


業務委託の売上と利益




基本的に、業務委託は派遣と違い業務を一括で受ける為、かかる費用を全て見積りとして出します。



その費用でOKであれば、お仕事を受注できるという流れですね。



見積りのイメージです。これが売上になります。


案件 人件費 事務所
家賃
PC
レンタル
通信費 コピー機
リース
営業
交通費
管理職 営業 事務
教材営業 500千円 400千円 350千円 300千円 150千円 250千円 800千円 100千円




この中から人件費を自由に決め、事務所や通信費等を企業努力で抑えて運営するのです。



変な話、新たに人を雇用せず、社内の人間を使ってうまく運営すれば全てを利益にする事もできます。



でも社内の人も他の本来の仕事がありますので、ちゃんとコストをかけて運営した場合は、30%程度の利益率に落ち着くのではないでしょうか。派遣よりは儲かります。



ただし、運営するノウハウがないとプレゼンをして仕事を受注する事もできませんし、仮に受注できても結果が出ず、すぐ契約を打ち切られる事なんてザラです。



特に外資系はドライなので今までのお付き合いとかはあまり考慮されずあっさりしています。


有料職業紹介の売上と利益




有料職業紹介は、働きたい人を企業へ紹介して、紹介料をもらって終わりです。



紹介された方はその企業に雇用されます。


案件 売上 利益率 違約金
有料職業紹介 紹介者の年収の30% 100% 3ヶ月以内80%
半年以内50%
1年以内30%

※あくまで紹介先との交渉次第ですが、紹介料の相場は年収の30%と言われています。




派遣や業務委託と決定的に違うのは、一発の売上と利益が大きい分、ペナルティがあります。



確かに紹介された側も高いお金払って採用したのにすぐ辞められたらたまったもんじゃないですもんね!


派遣会社を起業したい方へ




私の経験上、人材派遣はそこまで難しい事業ではありません。



比較的起業しやすい業界で、初期投資もかからず、乱立しては消えを繰り返していました。



そして、日本の派遣会社の量は他国に比べても異常な多さです。



その乱立していた会社を絞ろうとしたのか、2018年10月の派遣法の改正で資本金2,000万以上なければ派遣免許の申請ができなくなりました。



派遣会社を起業しようと考えている経営者の方はこの事を抑えておいてください。



法的な話は責任持てないので難しいかもしれませんが、何か質問があればお答えできる範囲で頑張りますのでお気軽にどうぞ!



※派遣会社営業で営業をしようと考えている方へおすすめの記事です!