スポンサーリンク

【働いた体験談】広告代理店の仕事内容とは?

広告代理店1 ビジネス




広告代理店に興味があり、飛び込んでみたいなと思っている方はいらっしゃるでしょうか。



今回は、私が代理店業界で経験した業界の業務内容や常識、どういった人達がいるのかをお伝えしたいと思います。




色々と参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

広告代理店のイメージ

広告代理店2




広告代理店に対してどういうイメージ持っていますでしょうか?


・華々しい
・お給料が高い
・有名な人と会えるかも

・人気がある




こういったイメージが強いのではないでしょうか。私もそういったイメージだったのですが、実際もそのままでした。



そして、業界にいるのは、仕事もできて頭の良い方ばかりなのですが、どこかツンとした所がある人が多い印象です。



ただそれは、業界1、2位のような有名な会社の方々であって私は大きな会社ではなかった為、全くそういう風にはなりませんでした。



でもひとことで言うと「本当に大変」これは間違いありません。



大変という意味の大半が働く時間が長いという所なんですが、やる事が多いのとやろうとクリエイティブな世界なのでやろうと思えばどこまででもやれてしまうという所です。



ただ、新卒であれば、入社した一年目は比較的軽めだと思います。入社してすぐガンガンやってたら辞めちゃいますからね。新卒に優しいのはどこの業界も同じです。



今は色々と労働環境も整備された方だとは思いますが、それでも忙しい職種には変わりないと思います。


広告代理店の業務内容

広告代理店3




企業の広告宣伝活動を代理で行う訳ですからその企業の商品をプロモーションします。


・営業

 

クライアントの新商品や注力商材をどうやって売って行くか要望を聞き、社内に持ち帰ります。そして、社内の関係部署と連携し、企画、立案します。

クライアントは何社かに発注をしてますので、最終的には競合他社とコンペをし、採用されれば予算ゲットという流れです。

パワーポイントのスキルは必須ですので早めにある程度使えるようになっておくといいです。

大企業になればCMを打ちますので、企画の段階でどういった映像にするか、どういった人物を起用するか決め、制作会社と打合せ重ね、制作日までのスケジュール進行を行います。

そういった内容のやりとりがたくさんありますのでクライアントの担当者とは密に接します。

私は、クライアント主催のパーティへ参加したり、休みの日にクライアントとゴルフに行ったり、おめでたい時にはお祝いを贈ったりしていました。

・マーケティング

色々な市場を把握して分析をします。どういった物が流行っているか流行に敏感でないといけないですし、その流行った物がなぜ売れたのかやこれからどういう売り方をすればいいのか等戦略を狙います。

クライアントも非常に重要視しています。斬新な売り方や消費者へのアプローチを求めているのでよく商品の事やその商品の背景が分かっていない提案をしてしまうと売上につながりませんので重要な業務となります。
クリエイティブ

イラストレーターで制作物に入れるデザインやポスター等のデザインをしたりします。制作物に反映するキャッチコピーも作ったりします。経験やスキルが問われますので協力会社や個人や他の会社に外注する事も多いです。

私の感想ですと職人肌の方が多く、こだわりを持って制作しているのでクライアントから修正が入ったりした時にうまく伝えないといけなかったり大変でした。

広告代理店に向いてる人

広告代理店4




まず必要なのは情熱だと思います。好きだからできる業界のは間違いないです。



企画やデザインにこれが100点という物はありません。自分の中で自身があってもクライアントからは全く興味が示されない事も多々あります。



どこまでクライアントの希望に添えるかは自分の頑張り次第です。遊びたいから帰るのかもっといい物にしたいから残って仕事をするのかは本人次第です。



次に体力です。クライアントの「いつまでに仕上げて欲しい」等の要望が来ているのに応えない訳にはいきません。それが厳しいスケジュールだとしてもなんとかします。



しかも案件一つならまだしも何個もあったりしますのでそういう時にそれを乗り越えられる体力が必要です。



最後に花形の営業をやりたいという方は、やはり社交性は欠かせません



まずクライアントの印象が広告代理店の人は明るくてイケイケだという印象が強いのでそもそものハードルがちょっと高めです。



そこそこの無茶ぶりをノリで対応できるくらいの力があれば気に入ってもらえます。



私が経験した広告業務

広告代理店5




私自身は、その会社で展示会の運営、ノベルティの制作、クローズドキャンペーンの事務局等やっていました。



展示会はよく企業が自社の商品を紹介する為にブースを出したりするのですが、その企画と運営です。準備から実施まで数ヶ月かかりましたが、ちゃんと寝た記憶がないです(笑)



ノベルティの制作では、企業のロゴの入った扇子を作ったりしました。私自身扇子が好きで京都の老舗の扇子屋さんにお願いしましたのでやっていて楽しかったです。初めて自分で企画して採用して頂いた案だったと思います。



クローズドキャンペーンは、よく何点集めて応募しようみたいなよくあるキャンペーンなんですが、私書箱宛ての応募ハガキを取りに行って集計していました。よく違うキャンペーン宛てのハガキが入ってたりして郵便局へ返しに行ったりしていた記憶があります。



その後、2年程で知り合いに声をかけられ他の業界へ行ったのですが、スーツで仕事する事はありませんでしたし、非常にくだけた業界だったので飽きる事はなかったです。



本当に大変ですが、これほど毎回新しい物に触れ勉強になる業界はないと思います。その後の仕事にも非常に役に立ちました。



面白い世界ですのでずっとやらないにしろ、一度見てみるのもありだと思う業界です。