スポンサーリンク

日本航空123便墜落事故の原因と陰謀論とは?

日航機1 雑記




1985年8月12日18時56分 羽田発伊丹空港行きの日本航空123便が群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称:御巣鷹の尾根)に墜落。



死者520名、生存者4名という歴史上類を見ない悲惨な墜落事故となってしまいました。


私はこの事故をリアルタイムで見ています。ただ子供だった為、はっきりとした記憶はなく、大人になり色々な真相や囁かれている噂を知る事になりました。



この事故は知れば知るほど不可解な事がたくさんあります。


この事故を当時生まれてなかった若い世代の方に知って欲しい。そして、その真実を知りたいという気持ちが私の中では非常に強いです。


スポンサーリンク

日本航空123便が墜落した原因




墜落した原因は、機体後部の垂直尾翼と補助動力装置が吹き飛び、操縦不能になってしまったそうです。



その後の運輸省航空事故調査委員会の事故調査結果では、


1978年6月2日に伊丹空港で起こした「しりもち事故」後のボー〇ングによる圧力隔壁の不適切修理による破損が事故原因

と発表されました。




補足をすると1978年に同機が着陸をする際に機体尾部を滑走路面に接触(しりもち着陸)させてしまい、その修理を製造元のボー〇ング社に依頼したが、修理に欠陥があり、それが原因になったと言う事です。




事故機は1982年にも事故を起こしており、計3回の事故をおこしていたそうです。



墜落事故当日





当日、日本航空123便は、18時12分に羽田空港を出発しました。




そしてその12分後の18時24分に突然の衝撃音とともに機体後部の垂直尾翼が破壊されてしまいました。




その瞬間から墜落するまでの間の123便と管制部とのやりとりがボイスレコーダーに残っています。



機長や副操縦士、航空機関士の方々のなんとか機体を持ち直そうと奮闘した記録が生々しく残っており、何度聞いてもやりきれない気持ちになります。




【音声再編集】日本航空123便墜落事故 RJTT-RJOO JA8119【機外視点】





墜落事故の不可解な点

日航機3





墜落した原因は調査結果の「圧力隔壁の破損」ではないのではないかと言われています。



①調査結果の矛盾

圧力隔壁が破損すれば機内では急減圧が起こり、気温もマイナス40度にまで低下したと推測される。

しかし生存者の証言によると薄い霧は発生したが、室温の低下や強風は発生しなかったと言う。

操縦室では酸素マスクを使用した形跡がなかった。これにより圧力隔壁が垂直尾翼を破壊した説が破綻する。



②自衛隊の誤射説

事故当日、相模湾では護衛艦「まつゆき」が試験航行されていた。誘導レーダーの実験演習が行われており、123便の垂直尾翼を破壊したのは、実験中の誘導ミサイルではないかという説です。

ボイスレコーダーにも「オレンジエア」(ファイア・ビーと呼ばれる無人標的機の事)という声が入っており、それを追尾していた誘導ミサイルが123便に衝突したのではないかと言われています。

実際に、123便にオレンジ色の何かが刺さっているのか、並んで飛んでいるのかのような写真が残っています。



③事故後、ボーイング社の日本のシェアが拡大

事故後、修理ミスをしたボー〇ング社の飛行機を日本がどんどん買い、シェアを大きく拡大した。不思議な流れです。



④事故現場の特定が遅すぎる

123便が墜落した場所を米軍がすぐに横田基地に知らせていたのにも関わらず、報道では何度も特定された場所が変わり、日本の自衛隊がたどり着いたのは墜落の14時間後でした。この時、墜落場所を特定していた米軍の救助活動を政府は断っています。



⑤自衛隊員の射殺、自殺

事故現場で人命救助を急ごうとした隊員が数名銃撃されたというニュースが流れ、その後、「誤情報でした」と訂正があった。そんな事あるのでしょうか。さらには、事故後、航空自衛隊パイロットが2名が自殺しております。



⑥遺体を見た医師や歯科医師の証言

「焼死体を千体ほど見てきたが、それでも歯はすすで黒くても裏側や一部は白いままだし、骨もそこまで燃えていない。なのに、あの事故の時は骨の奥まで炭化するほど燃えていた。二度焼きしたような状況だ」と証言しています。



⑦123便の残骸が発見

2015年に相模湾の海底で123便の残骸と思われる物が発見されました。ミサイルが尾翼を直撃したのであればオレンジ色の塗料が付着している事も考えられのですが、日本政府や日本航空は引き上げに動こうともせず、重大なニュースにも関わらず、メディアは一切続報を出さなかったのです。




自衛隊に関する内容が多いですが、時代背景として、当時は中曽根政権でどんどん防衛費を増やす中でGNP1%を超えるか超えないかが、国会では非常にデリケートな問題となっていました。




そんな時に自衛隊の不祥事となれば、国会的な問題になってしまう為、それを避けるために隠ぺいをしたのではないかという推測が多くされています。




陰謀論も多く囁かれている





亡くなった方の中には多くの著名人や経営者の方がいました。その中には、OS「トロン」の技術者16名も乗っていたそうです。windowsよりもはるかに素晴らしいOSだった為、狙われてしまったという説が一つ。




数ヶ月後に、日本に不利な「プラザ合意」をアメリカに飲まされており、そこから一気に円高不況となりました。その脅しで狙われたという説もあります。





このあたりはあくまで推測で囁かれている説です。



真実は闇の中





当時の総理大臣だった中曽根康弘さんは2019年11月に亡くなりました。101歳でした。もし、もし、真実が別にあったのなら語って欲しかったと思います。



123便に乗る予定でたまたま回避した明石家さんまさんはそれ以降移動は新幹線にしているそうです。





さんまさんには「生きてるだけで丸儲け」という座右の銘があります。その言葉から娘には「いまる」という名前を付けています。




私たちはこの凄惨な事故を絶対に忘れてはならないと思います。亡くなった520名の方のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
雑記
おしるこぶろぐ