スポンサーリンク

お給料を上げたい!サラリーマンが早く昇進する方法!

お金を増やす1 ビジネス




サラリーマンがお金を増やす為には何をしなければならないか。



それは投資や副業をやるか今働いている会社で偉くなるしかありません。



今回は、サラリーマン編という事でその会社で偉くなる方法をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

会社で昇進する方法

お金を増やす2




私は20代後半で転職をしました。その入社した会社で5年目に支店長になったのですが、そこに至るまでに実践した手順を書いていきます。



部下、上司双方の視点で紹介してまいります。


・上司をランチに誘う事

部署の人数が少なかったり、上司とフラットな関係の会社ではあまり意味がないかもしれませんが、自分の給与を査定する人(部長や課長)を定期的にランチへ誘いましょう。

管理職は基本的に孤独です。部下には本音は出せない立場ですし、コンプライアンスで指されると非常に厄介なのです。自分が降格するかもしれませんからね。

しかし部下からの誘いなら非常に行きやすく声をかけてもらえると実はすごくうれしいのです。あと、それが分かり易い社内営業だったとしても上司としては「こういう立ち回りができるやつ」という認識が付きますのでポジションを与える時に大きなポイントとなります。
・上司にお中元、お歳暮を贈る事

これをやる部下はほぼいません。もしかしたらもらう側もちょっと困るなと思う場合もあるかもしれないのですが、基本的に贈り物をされるとちょっと上司としては、立場が弱くなります。

なにかあった時もあの時貰い物してるしなあと脳裏をよぎり、何かしてあげないとという気持ちになります。上司がしてあげられるのは、仕事の面しかありませんのでそれが昇進をという形で返ってきます。
・気を使える人間でいる事

社内のメンバーが困っていたら知らない顔をせず助けたり、もめ事の際には仲介に入ったり、忘れやすい人には「今日のミーティングの資料できてますか?」等リマインドをしてあげたりと人がやってもらえて助かるなあという事を率先してやってください。

人の上に立という事は人の面倒を見る事にもなります。それができ、さらにリーダーシップも備わっていれば、他の社員より頭一つ抜ける事ができます。
・クライアントに褒めてもらう事

私は営業だったのですが、クライアントへ対して一生懸命頑張った結果褒めてもらえた時は「それ是非うちの〇〇(上司)に言ってください!」といつもお願いしてました(笑)

せこいと思う方もいるかもしれませんが、自分の口で褒められたと報告するよりクライアントから直接上司に伝わった方が効果は絶大です。上司も鼻が高いですし、本当に頑張っているんだなと人事評価の時にいい点を付けてくれます。
・自分の仕事より頼まれた仕事を先に行う

これは私が一番を力を入れて取り組んでいた事です。人や上司から頼まれた仕事は自分の仕事を止めて必ず先にやっていました。自分の仕事はあとで自分の時間でやればいいのです。

人から頼まれた仕事を先にやれば「この人は仕事のスピードが早い!」、「自分が頼んだ仕事を優先してやってくれた!」という評価が付きます。

後回しにしている人を見るとどうせやるのになぜ評価点を取りに行かないんだろうといつも思っていました。
・社長に顔を覚えてもらう事

大きな会社であれば社長に会って話をする事って滅多にありません。平社員なんて名前も憶えられてないと思います。しかし、定期的に社内で社長の参加する懇親会や納会のような物があると思います。

そういう時がチャンスです!

「〇〇部の〇〇です!社長!私偉くなって会社の為に貢献したいです!」

難しい自分の成績の話などはしなくていいです。逆にそんな話社長からすればどうでもいいです。ただ、会社の為に頑張ってくれる人材なんだという爪痕だけを残してください。そういう社員を社長は絶対忘れません。

幹部の集まる会議で「〇〇部の〇〇は仕事の方はどうなんだ?」なんて自分の知らない所で会話がなされてるかもしれません。実際よくされているのを私も見ていました。
・会社へ反旗を翻(ひるがえ)さない事

これはよくあるのですが、管理職は非組合員です。そして定期的に労働トラブルを起こす人がいます。これは本人が悪い場合もありますし、相手が悪い場合もあります。

しかしそういったトラブルを起こしたり、訴えをする人は経営側や管理職側からすると危険因子なのです。労働基準監督署へ駆け込むなんてもう目も当てられません。

上司から明らかにひどい仕打ちを受けているというような内容でない限り、基本的に昇進して人の上に立つ道は断たれると思います。

管理職は、そういう人達を抑える立場です。自分が率先して労働問題を起こしていたら管理職は任せてもらえません。基本的に、会社の重要なポジションをやっている人達は、色々犠牲にしてそのポジションに行っているという事です。
・ストイックである事

プライベートは関係ありませんが、仕事に対してはストイックであっていいと思います。偉くなると業績や問題が起きた時の処理等、責任が重くのしかかって来ます。

責任感があり、ストイックでないとそもそもそのポジションをこなす事ができませんので嫌な仕事からすぐ逃げたりするような人間では偉くしてはもらえないという事です。

昇進するスキル

お金を増やす3




色々と書きましたが、結論は気に入られるという事です。いますよね?仕事できないのに上に行く人。



昇進、昇格するというスキルに長けているんだと思います。



これはもう立派なスキルです。俺はこうやるんだ!と徹底的に成績を叩き出して評価される方もいますが、そういう方はすごくプライドも高く仕事のやり方が偏っている傾向があります。



やはりお金をいっぱい貰うには管理職になり役員になるという道を進まなければなりません。



スポーツに例えるとプレイヤーとしてはそこそこで、戦略を練ったり、我慢ができたり、人を指導できるようなオールマイティにできる監督の方が上にいける人だと思います。



是非一つでも二つでも参考にして取り組んで頂ければ嬉しいです!