スポンサーリンク

社会貢献をしている企業の実例と私たちにできる事!

社会貢献1 雑記




「私は社会貢献をしています!」という方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?



よく社会では、企業は社会貢献しなくてはならないという言葉を聞きます。



でも企業って人々の生活がより良くなる為に便利な商品を開発したり、遠くの場所へ物を代わりに運んであげたり、困っている人の問題を解決してあげたりと意識せずともほとんどの仕事が社会貢献になっているんじゃないかと思います。



では、個人で何かしているかというとなかなか「やっています!」と答えられる方は少ないのではないでしょうか。



私も意識はしていますが、なかなか定期的に取り組めている事がない現状で、何をしたらいいのかよく考えます。

スポンサーリンク

企業や団体が実施している社会貢献の例

社会貢献2




企業が行っている社会貢献の実例です。


◆株式会社ヒト・コミュニケーションズ

東北人魂という任意団体と東北出身のJリーガー達【柴崎 岳(鹿島)、小笠原 満男(鹿島)】で東北サッカー協会の活動に寄与しています。活動内容としては、サッカーの無料教室開催、選手たちのトークショー開催等となります。

私も知っている社長ですが、元々スポーツマンという事もあり、スポーツ振興にて子供達の育成や試合の活性化に力を入れられています。
◆サントリーグループ

社会貢献活動が活発な企業です。邦寿会と呼ばれる社会福祉法人がサントリー創業者の鳥井信治郎さんによって作られており、高殿苑という老人ホームや福祉施設、保育園を大阪にて運営しております。従業員は100名を超えるようです。

待機児童の問題や高齢化社会影響で今後益々必要になってくる施設だと思います。今よりももっと規模を拡大していってほしいと願っています。
◆グリーンバード

特定非営利活動法人で国内外で清掃活動を行っております。清掃スケジュールをHPに掲載し、手ぶらで集まれば道具は全てグリーンバードが用意してくれます。現在は、100チームほど人が集まっているそうです。

繁華街は特にゴミは散乱しやすいと思いますが、そういった場所に現れて、街をきれいにして去って行くという姿は本当に素晴らしいと思います。
◆株式会社セブンイレブン・ジャパン

セブンイレブン記念財団を運営しており、募金額は2019年で4憶7千万にも達したそうです。義援金、富士山の環境保全、地球温暖化防止活動等に役立てられています。

私もよくお釣りをレジで募金箱に入れますが、あの手法は募金額が集まりやすく非常にうまいなと思います。費用があればそれだけ社会貢献の幅が広がりますよね。



私たちにできる社会貢献

社会貢献3




私がやってみたいという社会貢献はまず掃除です。



すでにグリーンバードという団体がやっていますが、私は掃除がすごく好きで、自分の住んでいる家の周りがゴミだらけだとすごく嫌だなと感じています。



電車で遊びに来た方々にこの街汚いなと思われたくない心理が働いているのだと思います。



たまにスポーツの大会で日本の観客が試合会場のゴミ拾いをしている姿が取り上げられ、賞賛されていますが、あれは本当に誇らしいと感じて見ています。



掃除は手軽に始められますので人通りが少なくなった夜に挑戦してみます。



次に、訪日外国人案内です。



遠い国からわざわざ日本に来てくれた方々が困っていたら助けてあげないとという使命感にかられます。



自分が他の国行ったら分からない事だらけですごく不安になると思いますし、帰国した際に日本は良かったと思ってもらえるようにもてなしたいという気持ちが強くあります。




おもてなしは日本の最高の文化です。



最後は、子供の育成です。



これは育成というのか分かりませんが、貧困の家庭で習い事をしたいけど授業料が払えない子供であったり、塾にいって本気で勉強をしたいと思っている子供達にその費用を肩代わりしてあげる機関を作る事ができたら最高です。



対象は高校生くらいまでで、本当にその子の将来の役に立つ事なのであれば、これほど感謝される事はないのではないでしょうか。



資格を目指して勉強して、その子が受かった日には一緒に喜んで泣いてしまいそうです(笑)


社会貢献をする意味

社会貢献4




社会貢献という定義で物を考えた時にいつも思うのは自己満足なのかなという点です。



人を助けるという気持ちは素晴らしい事だと思いますし、やってあげると清々しい気持ちになりますし、やってあげた良い行いは自分に返ってくるものだとも思っています。



実際に社会貢献の評価が高い会社は、その会社の商品を買ってあげたいという消費者の声がたくさんあります。



してもらったらお返ししてまたそのお返しをするという良い行いのスパイラルが良いコミュニティ、良い社会を作るという事には間違いないと思いますので、まずその気持ちの部分を指導者がしっかり学校や会社で教えて行くという動きが重要なのだと思います。



きっと微分積分よりも役に立つのではないでしょうか。皆さんも是非身近な事で一つでもできる事があれば実践してみて欲しいなと思います。


スポンサーリンク
雑記
おしるこぶろぐ