スポンサーリンク

あなたはありますか?心を豊かにする言葉3選!

心1 雑記




人間誰しも「好きな言葉」、映画やドラマに感化された言葉、親や教師から言われた「心に残っている教え」があると思います。




そういう事って口うるさく言われたり、ショックを受けたり、助けられたり、強く心に残っているから覚えている事が多いですよね。


スポンサーリンク

心が豊かになる言葉




私がいつも自分を戒めるために心にいつも留めている教えが3つあります。



①不平不満を言うのは感謝が足りないからだ


②偶然とは努力した人に運命が与えてくれる橋


③世の中の2割はあなたのアンチ、2割はあなたのファン、残りの6割はどうでもいい人

おまけ:因果応報

3つの言葉の意味

心2




まず一つ目の「不平不満を言うのは感謝が足りないからだ」という考え方に関してです。

不平不満って生きてく中で人間絶対あるじゃないですか。

口にする量は人によって違うと思いますが、不平不満をただたくさん言っても実はあまり物事が解決する事はないんですよね。

不平不満を言いたくなった時に一旦踏み止まって、「日々おいしいご飯を食べられている事」に感謝したり、「親や兄弟という自分の為に喜んだり悲しんだりしてくれる家族がいてくれる事」に感謝したり、感謝できる事っていっぱいあると思うんです。

本当にその気持ちになれた時、不平不満は自然と消えます。

不平不満を言うという事は人に甘え、自分に甘え、環境に甘えてる事を言うと思います。そう考えたら自分が恥ずかしいと思う時が来ますので是非愚痴っぽい人はこういうものの考え方をしてみてはいかがでしょうか。




二つ目の偶然とは努力した人に運命が与えてくれる橋に関してです。


これは、2001年に韓国で作られた映画のエンディングの言葉です。

チョン・ジヒョンと言うすごくかわいい女優さんが主演のラブコメティの映画なんですが、ストーリーを言うと長くなるので結論だけ言うと、

好きな人と離れ離れになっても一生懸命相手の事を思っていれば、運命が偶然二人を引き合わせてくれるという話なんです。

「信じる者は救われる」という言葉があるように、人の強い気持ちというものには不思議な力があると思います。

「相手を信じる」、「自分を信じる」というのは難しい事ですが、本当になりたいものや叶えたい夢があるのであれば努力を続ければ運命が助けてくれる事もあるのだと思います。




三つ目は、世の中の2割はあなたのアンチ、2割はあなたのファン、残りの6割はどうでもいい人


これは、262の法則と言います。


よくアリに例えられるのですが、「働きアリの中で一生懸命働くアリは2割、あまり働かないアリも2割、残りの6割は普通」。

これは企業等の組織も同じだそうです。人間関係に置き換えると「あなたが頑張っても何をしても2割は敵、2割はあなたのファン、残りの6割はどっちでもいい人」こういう構図が成り立つ訳です。


人付き合いに悩んだ時はこれを思い出せばいいと思います。


2割は何があっても自分の敵な訳ですから割り切れって相手をしなければいいんです。そうすれば悩む必要がなくなります。逆に何もしなくても2割は自分のファンで助けてくれる訳ですから。

サラリーマン時代もこう考えて組織の中を生きていました。




因果応報について




因果応報ってあまり良いイメージがなかったんですけどこの言葉は正にその通りだと思っています。



「自分の行った事は自分に返ってくる」



絶対その通りです!!私は人間の運は生涯でプラスマイナスゼロだと考えております。



でも運に頼らないようにするにはやはりいい行いをするしかないと思っております。良い行いをすればそれに感謝してもらい相手も良い行いを返してくれる。



良い行いの連鎖が起きるわけです。こんなに素晴らしい事はないですよね!



勇気をもって自分から良い行いをできる人間でありたいと思います。


スポンサーリンク
雑記
おしるこぶろぐ